国内FXから海外FXへ乗り換えるあるいは併用するメリット

日本のFXは時代遅れ? 
とまでは言いませんが、日本人だから、日本に住んでいるからといって必ずしも日本のFX業者で取引しなくてはいけない、なんてことはありません。

初めてFXを行う人は、おそらく日本のFX業者の中から選んだと思います。私もそうでした。

最大の違いはレバレッジです。レバレッジ最大25倍までの規制がかけられているのは日本のFX業者だけです。
「レバレッジをもっと高くかけられたら、爆益が出せたのに」と思ったことはありませんか?
日本のレバレッジ規制は、さらに10倍まで引き下げられるという法案もでており、(一度見送られ引き下げは延期になりましたが)投資家にとっては今後も収益性が限られてしまうでしょう。

さらに、サラリーマンにとっても専業にとっても、大学生にとっても、海外口座で出た収益に関しては節税(合法的)をすることも可能だったりします。

今回はそんな海外口座で最も代表的な、XMのメリットを、お伝えしていきます。

XMとは? 詳細をみる

①レバレッジが最大888倍

海外のFX業者にはレバレッジ規制などはありません。

海外FX業者で人気No.1のXMの最大レバレッジは888倍です。
実際には、888倍は現実的ではありませんので、100倍や250倍で考えてみてはどうでしょうか。
単純に10倍や25倍でトレードしているときの、約10倍の利益になります。

もちろん損失リスクも上がりますが、「下値の抵抗が重い」や、「急上昇のあとキリのいい上値目途をタッチしてすぐに全戻し」など、ドル円ではある程度レジスタンスがはっきりしていて予測を立てやすい局面が多いですよね?

そういった局面ではハイレバで取引することがかなり有効になります。

レバレッジが高いことは「ハイリスク・ハイリターン」と思われがちですが、レバレッジの高さ自体がハイリスクなのではなく、損失管理の甘さがハイリスクの原因です。しっかりロスカット等で損失をコントロールしつつ、確実性の高いときに限ってレバレッジを上げて少ない資金でロットを増やしてトレードするということを可能にします。

 ②クレカ入金可能+100%入金ボーナス

VISAやMasterCard、AMEX、そしてJCBでも入金が可能です。一部のカード会社によっては使えないことがございますが、国内発行のほとんどのカードでリアルタイムに入金できます。

そして、クレカ入金の素晴らしいところは手元資金がそんなに多くない方でも、クレジットカードで入金しトレードができることです。クレジットカードの締日までに出金すれば(クレカでキャンセル処理される)、請求はされないので大丈夫です。さらに、サラリーマンにとっても専業にとっても、大学生にとっても、海外口座で出た収益に関しては節税(合法的)をすることも可能です。詳細は後日更新します。

最初の入金にはなんと100%のボーナスがつくので、入金分がすぐに消えてしまうということはないでしょう。私の場合、最初に30万円を入金して、入金ボーナスが30万円付きました。口座開設のボーナス3000円と合わせて、計60万3000円で取引を開始し、12万円利益を出したところで、最初の30万円を出金しています。

③ゼロカットで追証なし

これはほとんどの業者ですでに導入されていますが、リーマンショックのような一大事が起こってしまい急激な 為替変動があったとしても、口座の残高がマイナスになってしまうことはありません。

一時的なシステムの値がマイナスになったとしても、あとで0に戻してくれます。XMはゼロカット標準搭載です。

 ④口座保有数が無制限なので使い分けができる

XMでは一人で複数の口座を保有できます。

通貨ごとに分けたり、長期トレードと短期トレードで分けたり、自分なりの取引ルールで分けたりと、いろんな使い分け方をしている人がいます。節税対策にも有効で、複数口座の利用価値は極めて高いです。

⑤スプレッドの急拡大やスリッページがない

日本のFX業者での取引は、業者のディーラーとの取引が主流です。個人トレーダーの注文はFX業者と行われています。このため、日本の業者では表向きのスプレッドは小さく設定されていますが、スプレッドが急に拡大したり、スリッページといって決済をしたときのレートと実際に約定したレートの差(ズレ)が多く発生します。スプレッドが極狭でもスリッページが大きいために実際はスプレッドが広いことと同じになるのです。

それに比べXMではMT4またはMT5(第三者のシステム開発会社が無料で提供する透明性の高いトレードシステム)でのトレードが一般的です。これは、基本的に業者のディーラーをはさまずに、自動で取次されています。スプレッドはやや広めに感じますが、透明性の高いレートで、スリッページなどは起こらず、約定力は格段に高いです。

⑥XMは日本語のサポートが充実

XMは日本人スタッフが在籍しており、さらに日本にも欧米にも駐在していますので、24時間チャットや電話で対応してくれます。

ここまで海外FXの特徴やメリットを紹介してきました。上手にレバレッジをコントロールしながら、大きな利益を目指しましょう。

詳細はXMのホームページ(日本語あり)からご覧ください。

⑦通貨ペアが多い

日本の業者ではなかなかできない、EURTRYやUSDTRY、ZARUSDなどの高スワップポイントのペアが取引可能です。さらに、原油や金などの商品や、ダウ平均や日経平均などの株価指数も取引ができ、人気の要因の一つとなっています。

XM(エックスエム)公式サイト (https://www.xmtrading.com/jp/)


以上、海外口座で一番人気のXMについて紹介してきました。
まだ口座開設していないという方はぜひ下のリンクから登録してみましょう。
今なら口座開設で¥3,000の取引ボーナス、さらに入金すると入金額の+100%分のボーナスつきです。

この機会に、爆益を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*